京都でナイトワーク探してる女子へ!職種別に解説

京都でナイトワーク探してる女子へ!職種別に解説

京都のキャバクラは幅広い客層から支持されるメジャー級

京都には祇園や木屋町、河原町エリア、新京極、縄手通りなどいくつかの歓楽街があり、たくさんのキャバクラやスナック、クラブ、ガールズバーなどが所せましと並んでいます。

とくに祇園や木屋町、河原町は、新しいお店が次々生まれては消える大激戦区。
観光客の数も多く、観光地も沢山あり、飲食やクラブなど様々な店舗であふれています。
参照:京都観光ナビ

ただ考えようによっては激戦区は大きなチャンス。多くのお店があるということは、それだけナイトワークの求人が多いということ。

やる気さえあれば初心者でもOK!面接が終わったその日から、即お店で働くことができるんです。

「すぐに働けるっていっても、髪型やメイクに自信ないし……」

「とくに美人でもないのに、お客さんがつくの?」

そんな心配はいりません。これから京都のキャバクラでナイトワークを始めたい方に、これだけは知っておいてもらいたい安心ポイントをお伝えします。

ごく普通の女の子大歓迎の理由

芸能人のように目立つ容姿でスタイル抜群、そんな女の子がキャバクラで人気フロアレディになれるわけではありません。

お客様はキャバクラに「癒し」や「ストレス発散」「リフレッシュ」などの目的でやってくることが多いんです。

だから特別に容姿が優れていなくても「一緒に話していると楽しい」「この子、すごく気が利いてる」「キャラクターが可愛い、お茶目」など、女の子の性格や気配り、優しさ、癒しに心惹かれて指名するお客様がたくさんいます。

だからごく普通の容姿の子の方が、気後れせずに話しができて親しみやすいというメリットがあるんです。

さらに京都のキャバクラは、一部の高級キャバクラ・高級クラブをのぞけば敷居が高くないのが大きな特徴。とくに地元の方がストレス発散、癒しを求めて集まるキャバクラは気軽に入店できるとあって人気がありメジャーな存在なのです。
参考サイトURL:京都のキャバクラでキャバ嬢になる

庶民感覚を大事にしたいキャバクラほど、女の子の容姿をそれほど問いません。

だから「美人じゃないから不利」ではなく「普通の女の子だからお店に溶けこみやすい」とポジティブにとらえればOKなんです。

へアメイクが苦手でも大丈夫?

キャバクラはきれいに着飾ったフロアレディがお客様の接待をするのが特徴です。

でもここでひとつ疑問が。へアメイクが得意じゃない子はどうすればいいのでしょうか?

実はキャバクラにはへアメイク専門のスタッフが常駐しているので、入店すれば専門スタッフが髪型やメイクをしっかりセットしてくれます。

店内で利用するドレスやバッグ、靴もレンタル可能なお店がたくさんあるので心配いりません。

つまり京都のキャバクラで働く女の子は、普段着でお店に出勤すればいいんです。

気になる時給はどのくらい?

京都のキャバクラの場合、時給は約3,000円前後からのところが多くなっています。

ただしお店によってはへアメイク代や衣装代をしっかり差し引くところもあるので、手取り額が少なかったという声も。

入店前の面接では、衣装代やへアメイク代、送迎代をお店が負担するのかどうかをちゃんと確認することが大切です。あとでお店と揉めずにすみますよ。